アイ・トレーニング視快研宇部 ブログ

DSなどの携帯ゲーム機が視力低下要因

当センターでは、視力低下の要因を見つけるため、初めて来られた方に、調査票の記入をお願いしています。

その中では、「DSやPSPなどの携帯ゲーム機を持っていて、毎日何時間もゲームをしていた」というお子さんがやっぱり多いですね。

親御さんは、前回の視力検査ではAランク(片眼1.0以上)であったのにショックです。今はゲームをやめさせています(或いはゲームを減らしています)と皆さん必ずコメントされます。

携帯ゲーム機は、液晶の小さい画面を、至近距離で長時間見ることで、眼筋が凝り固まってピント調節が効かなくなり、近視へと進んで行くのだと考えられます。

最近、学校の授業でDSを取り入れているところがあると新聞で紹介されていました。頭をかしげてしまいました。

センターに来られたお子さんには、「視力アップトレーニングをいくらがんばっても、携帯ゲームをやっていたら、視力はあがらないよ!」と強く伝えています。

また、「友達がゲームするのも見たら駄目だよ!」とも伝えています。液晶画面を斜めから見ると見にくいですし、自分がゲームするよりもさらに眼には良くないと思います。

近年、子供の視力低下の低年齢化は、毎年どんどん進んでいるようです。
文部科学省の調べでは、視力1.0未満の子供が、小学生で30%、中学生で50%、高校生で60%以上いるのだそうです。

このまま行くと、そのうち、視力1.0以上の子供が珍しい時代が来てしまうと思います。

子供達にとって、DSやPSPなどは、友達同士で遊ぶのに欠かせないアイテムになっていますね。
中には、公園などの野外に集まってゲームをしている子供達を見かけたりします。

ゲームを取り上げて友達から仲間はずれにされたら、と考えるお母さんもいらっしゃると思います。
携帯ゲームをやらせないことが一番良いのですが、時間短縮は絶対に必要、野放しは禁物です。

トレーニングで視力が上がっても、携帯ゲームをやり出して、視力が低下した子供も見てきています。
携帯ゲームがやめられるか、我慢できるかが、視力回復のためのベースです。

以前、トレーニングに通われていた小学2年生の男の子のおじいさんがいわれていた言葉が思いだされます。

ゲーム機にタイマーをつけてほしい、と良くいわれていました。
親がセットした時間がきたらゲームのスイッチが自動的切れる仕組み、とのことでした。

確かに、良いアイディアだと思います。
ゲーム好きな子供は、やりだしたら止まらなくなりますからね。

是非、メーカーの方には、チャルドタイマーの設置を強くお願いしたいと思います。


PR>>>楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD−R&完成品トレーニングキット版<<<



競艇選手を目標に視力アップトレーニング

今日は、約5ヶ月ぶりに、Tさんが来店されました。
Tさんは、23歳の男性で、H16年9月、19歳の時に入会されました。

その目的は、ズバリ競艇選手になる、という子供の頃からの夢をかなえるため、視力を回復させるというものでした。

その時の視力は、「右0.2 左0.3 両眼0.4」。
1ヶ月後、受験資格を得るための視力検査では、両眼共に0.8以上必要とのことでした。


私からTさんへは、1ヶ月間では、0.8まで回復させるのは厳しい旨伝えましたが、Tさんはとにかく頑張りたいとのことでしたので、入会していただきました。

Tさんは、頑張りました。毎日通われ、後半に入ると、殆ど1日2回(朝・晩)のペースでトレーニング来られました。

その結果、何とか調子の良い日は0.8ギリギリまで回復されました。しかし、病院での視力検査では残念ながら、おしいところで不合格となってしまいました。

Tさんは、一旦トレーニングを中断。来春の試験にかけるとのでした。
そして、翌年は2月から5月まで、殆ど毎日通われ、調子の良い日は片眼0.9まで回復されました。

そして、病院での視力検査を見事クリアーされました。
なんと、結果は両眼共に1.2と言われたそうです。

その時の彼の喜びようは今でも忘れられません。
ただ、本試験のほうは、残念な結果となってしまいました。

Tさん曰く、年齢制限で最後のチャンスとのことでしたのでさぞかし悔しかったろうと。。

それから、3年が経った20年9月。

Tさんが突然来店。年齢制限が緩和され、30歳まで受験できるようになった、とのこと。

その時の視力が、両眼共に0.55でした。
約1ヶ月の猛烈トレーニングで、0.8となり、病院の視力検査をクリアーされました。

しかし、本試験は残念な結果となってしまいました。

そして、本日3回目のリベンジのため、視力を万全な状態にするとのことで、来店せれた訳です。

長くなってしまいましたが、Tさんの思いには、本当に頭が下がりますね。

今度こそ合格していただきたいと思います。
Tさんに天使がほほみますように、お祈りいたします。。


PR>>>楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD−R&完成品トレーニングキット版<<<

N君卒業

小学6年生のN君が、本日をもって卒業となりました。

N君は、平成17年6月、小学3年生の時に入会しました。
実に3年以上、回数にして333回トレーニングに通われました。

宇部センター内では、期間、回数ともに、1番多く通ってきたお子さんです。最高記録保持者となりました。

N君とお母さんの視力回復への強い思いと頑張りがあってこそ、ここまで続けられたのだと思います。

N君の視力

入会時 右0.1 左0.09 両眼 0.15
 ↓
卒業時 右0.3 左0.3  両眼 0.55

N君は、入会時すでにメガネを着用していました。
小学1年からメガネをかけ始めたそうで、入会時には、度が進んでいて、そのメガネが合わなくなくなっていました。

約3ヶ月程度のトレーニングで、両眼0.5〜0.6の視力アップとなり、その視力を維持向上すべく、当時で週2回、最近は週1回の頻度で通われていました。

日常生活では、メガネの必要は殆ど無く、テレビを見る時や授業中をメインに、メガネを着用していたようです。

N君のお母さんのお話では、もう4月からは中学生となり、多忙となるため、通えなくなるとのことで、本日をもって卒業となりました。

もし、また急激に視力が落ちてしまった場合は、お世話になりますとのことでした。

このような事例は、せめて小学生の間だけは、日常生活ではメガネをかけなくても良い状態で、楽しく暮らさせてあげたい、と言う親子さんの強い思いと本人のやる気が続いた成果だと思います。

N君とお母さん、そして以前に一緒に来られていた、おばあさんとおじいさんには、感謝でいっぱいです。

N君には、引き続き自宅でのトレーニングは継続して欲しいと思います。

ありがとうございました。


PR>>>楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD−R&完成品トレーニングキット版<<<


バレンタインプレゼント

小学4年生のHちゃんから、バレンタインデーの手作りチョコレートをいただきました。従業員のmamikoさんと私の2人分です。

お母さんのお話では、前夜、お姉ちゃんと一緒に作ったのだそうです。
とっても、可愛らしいチョコでした。閉店後、美味しくいただきましたよ。Hちゃん、お姉ちゃんありがとう。

会員の皆さんからは、良く旅行のおみやげなどを頂くことがあるのですが、私達のことを気遣ってくださっていると思うと、ほんとうに嬉しく、感謝でいっぱいの気持ちになります。

Hちゃんは、通いはじめて来月で、丁度1年になります。
現在は、週1回程度の頻度で通われています。

視力も、両眼0.4⇒0.7程度に回復しています。

Hちゃんのメガネをかけたくない、という強い思いとがんばりの成果だと思います。

まだまだ、視力アップの可能性は、多いにあるので、なるべく多く通っていただきたいです。


PR>>>楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD−R&完成品トレーニングキット版<<<








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。