学校視力検査で視力が落ちていたら - アイ・トレーニング視快研宇部 ブログ

学校視力検査で視力が落ちていたら

4月になり、各小学校・中学校では、春の健康診断が実施され、視力検査が行われていることと思います。

この結果を受け、各学校では、視力の低下したお子さんに眼科へ行って検査を受けるよう、保護者へ通知が届きます。

初めて通知を受ける場合、Bランク(0.7以上1.0)かCランク(0.3以上0.7未満)が多いと思います。

この最初の段階での対応がとても大切といえます。

眼科へ行くと、検査の後、まだ眼がねをかけるほどではないので、様子を見ましょうという対応が多いかと思います。

親御さんは、お医者さんの指示に従い、様子をみる(=放置する)ことになります。

親御さんの中には、「様子をみる⇒回復の可能性あり」と勘違いされる方もいらっしゃるようですが、誤りです。

「様子を見る=もっと悪くなるまで待つ」ということなのです。

視力が落ちかけて間もない時期というのは、まだ、近視に移行する前の仮性近視の状態のお子さんが多いです。

そういうお子さんが視力アップトレーニングを行うと、短期にめざましい効果を上げる場合が多いのです。

これまでに、元の正視の状態まで視力回復できた子供を何度も見てきました。

まず、視力低下の原因を突き止それをストップさせること。

次に、眼にやさしい生活と視力アップトレーニングの実行。

視力が落ち始めた段階で、素早く対応することがとても大切なのです。

何も対応しなければ、時間が経てば経つほど、視力は低下していきます。

子供の場合、ゆるやかではなく、急激に落ちる場合もあるので注意が必要です。

宇部センターでは、お試し体験トレーニングと相談をお受けしておりますので、お子さんの視力低下でお困りの方は、お電話くださいね。

電話 0836−29−0162


[PR]
楽々!視力アップ マニュアル(トレーニングキット付)CD−R&完成品トレーニングキット版

ここは記事下のフリースペースです